· 

中学生の足のケア

お客様の声
中学生の声

中学2年生になったHINAさん。お母様とご来店。

お母様のお話では、「足がパンパンで、むくんでいる気がする。マッサージを自分がするけれど、「くすぐったい」と言われ、マッサージができない」ということでした。

 

足を見ると、確かにパンパン。しかも関節が硬い。O脚ぎみなのも気になると思い、リフレクソロジーを60分行いました。最初は、くすぐったいと触れるのも嫌がっていましたが、持続圧といって押してそのまま止めるという方法を使いながら、徐々にくすぐったいのが、痛気持ちいいに変わりました。

 

HINAさんの足は、赤みがあり、指の形が楕円形。ストレスを溜め込んでいて、周りとの協調性を大事にするので、主張できない、自分が折れてしまう性格がでていました。本人に話を聞くと、「学校での行事ごとで、意見が言えないことがあるからイライラする」とのこと。お母様いわく、家でもイライラしているから、反抗期かと思うと話されていました。

この時期は、特にホルモンバランスも不安定ですし、婦人科系の反射区を押し、ホルモンバランスを整えながら施術。

最後は、HINAさんも「足が軽い」と笑顔でした。

お母様からも、「子供に贅沢だと思っていたけど、子供が足が楽になったと嬉しそうな姿をみて、満足です」と言っていただけました。

その後ですが、HINAさんは自宅でもイライラがなく、自宅でも勉強しなかったようですが、テキパキするようになったようです。ホルモンバランスが関係したのかもしれませんね。