· 

靴選びのポイント5(足を固定する機能)

靴の構造
タンは、クツベロとも呼ばれている場所
ハイヒール
ハイヒールは甲ががら空き

 

靴の選び方基本5つも、今回で最終になります

今日のテーマは

足を固定させる機能がある靴

です。

では、足を固定する機能の前に、

なぜ足を固定しないといけないのか?固定すると動きにくいのではないか?

という疑問について説明します

 

まず、足を固定という意味は、足が前に滑らないようにという意味です。

靴の機能を最大限に活かすには、自分の足にちゃんと機能が当てはまった状態になります。

前回までのポイントでもお話しましたが、まず「シャンク」というものが大切になります。

これは、足の指を使う機能、地面を蹴る機能でしたね。

この機能をしっかりと使うには、自分にあったサイズが重要です。

もし、自分の足のサイズよりも大きすぎたり、足の幅が大きすぎると、このシャンク機能も効果的に使えなかったり、歩くたびに、足が前に前に滑り、例えば指が前のあたり、指の変形やタコなんかができやすくなります。

足の疲労にも関係してきますね。

足を固定すると、靴の機能がしっかりと使え、疲れにくい状態になります。

 

 

足を固定する機能とは?

 

足の固定機能は、2つあります。

1つ目は、「靴紐」2つ目は、「タン」と呼ばれる部分です。

 

「靴紐」は、締めることにより、足と靴を密着させてくれる働きがあります。また、横アーチを保つ機能があります。「タン」も、足の甲をしっかりと上から抑え、足を固定してくれます。

 

この2つの機能については、詳しくは別記事にてご紹介しますね

つまり、この2つの機能がない靴は、長時間歩くには疲れやすい靴になります。

 

例えば、ハイヒールハイヒール

ハイヒールって、「タン」がなければ、紐もなく、足の甲がめっちゃあいてますよね。

しかも、先が尖っている。

足にそりゃ悪いし、足に疲れでるわな真顔

と思います。ハイヒールに関しては、最近では足の甲を止めるゴムみたいなグッズが出ているようです。

 

あと、サンダルに関しては、できるだけ足の甲を止めるような形のものを選んだり、足の甲があまり合いていないものを選ぶと、少し足の疲れも軽減するかと思います。

よかったら参考にしてみてくださいねニコニコ