· 

靴の構造について

靴の構造
靴の上方
靴の構造
靴の後方

さて、全5回シリーズで靴の選び方をお話しました。

今日は、「靴の構造」についてお話していきます

ちなみに、スニーカーやランニングシューズを例にします

 

写真をみてください目靴の機能を一部だけご紹介します。

ただ、すごく大事な機能なので、ちょっと覚えておくと足の機能が変わりますよニコニコ

では、説明していきますね

 

①ヒールカウンター

役割は、かかとを真っ直ぐに保ち、かかとを安定させます。かかとがブレないと、歩いていても疲れません。

 

②ヒール

ヒールの役割は2つです。まず、かかとが安定し傾斜するのを防ぐ役割と、衝撃を吸収する役割です。かかとの傾斜を防ぐのは、ヒールが幅広になっていると歩いている時に、かかとが傾斜せず、まっすぐに保てます。また、ランニングシューズなどは、踵にジェルが入っているタイプのものもありますが、着地時の衝撃吸収にもなります。

 

③BOX Toe

先芯とも呼びます。つま先部分の上方空間を確保するために靴の先端に入れる芯で、蹴り出しのときに、足の指が移動できるように高さがあることが重要です。

また、指の保護にもなり、歩行時の着地で足の足長が伸びるのですが、その分のスペース確保も大事です

 

④タン

靴の甲にあるものです。このタンは、足の甲を抑える役割があり、抑えることで、足が前にずれるのを防ぎます。よく、靴を履く時に、タンを中に入れ込んだまま履いたり、タンの下から靴紐を通している方もいらっしゃいますが、これでは、タンの意味がなく、また足が前方にずれるので、足の指にも悪く、また指が使えないため、足の疲れもでてきます。ちなみに、タンの真ん中に、紐を通すようなトンネルのようなものがありますね。

あのトンネルにもしっかりと紐を通すことで、足の甲を抑え、より前方に滑らない機能を発揮してくれます。

 

⑤靴紐

靴紐って、みなさん靴が脱げないようにするためだけと思っていませんか?実は、この靴紐、足のアーチをしっかりと保つ重要な役割があります。靴紐は、足と靴を密着させ、中足部を横から支えるので、横アーチをつくる役割があります。ですから、靴紐はしっかりと結んでおかないと、横アーチが崩れてしまいます。

横アーチが崩れるということは、開張足という症状になり、扁平足や外反母趾の原因になります。

 

かんたんな靴の機能ですが、意外と靴の機能をしっかりするだけでも、足の保護になりますぜひ、ランニングシューズや、スニーカーも意識してみてくださいねニコニコ