· 

体の疲れ、バランスに3つのアーチ

 

 

本日のテーマは

足にある3つのアーチ

 

についてです。

3つのアーチとは

  1. 内側縦アーチ
  2. 外側縦アーチ
  3. 横アーチ

足アーチ

です。では、1つずつ見ていきましょう。

 

横アーチの説明

 

横アーチは、親指と小指をつないだ指の付け根にあるアーチです。ただしアーチでは、指の方向から見たときに、第2指(人差し指)が1番上にきている状態です。絵でいうと、左が正常で右が、アーチのない状態です。

アーチといいますので、弓状になっているイメージをしてください。

横アーチが崩れると開張足といって、あし指が横に広がる状態で、外反母趾の原因になります。

足の裏第2指・3指の間に角質ができている方は、もしかしたら開張足傾向にあるかもしれませんね。

 

内側縦アーチの説明

 

次に内側縦アーチです。これは親指側のアーチで、いわゆる土踏まずです。親指から踵をつなぐイメージをしてくださいね。この内側縦アーチがくずれると、土踏まずが崩れ扁平足になります。扁平足では例えば、歩行やジョギング、ランニングなどの際、クッション機能が効かず、膝や股関節など関節に負担がかかります。また、ふくらはぎのポンプ機能が使いにくくなり、足の疲れやむくみが起こりやすくなります。

 

外側縦アーチの説明

 

最後に外側縦アーチです。これは、小指側と踵を結ぶイメージをしてください。外側縦アーチは上の2つのアーチと違う点は、このアーチだけ骨で支えられています。他の2つのアーチは、筋肉や靭帯で支えられています。このアーチでは、外側に倒れないように支えてくれています。このアーチが崩れると、左右のバランスが取りにくくなります。不安定になるため、疲れやすい足になりますね。あとは、肩にも負担がかかります。

 

いかがでしたか?

この3つのアーチがしっかりと整っている状態であれば、正しい姿勢・正しい機能が使えます。

もし、あなたが下記のようなことで悩んでいれば、もしかしたらアーチの崩れかもしれませんね。

  • 足がつかれやすい
  • 足が冷える
  • 足がつる
  • 膝や股関節、腰が痛い
  • 歩くと足裏や踵が痛い  
  • 肩こりが酷い    など

アーチの見方は、誰かに手伝ってもらうとできます。横アーチは、前から見てもらって第2指(人差し指)が高いかどうか、内側アーチは、前を向いてたった状態で、ペアの人に土踏まず部分に横から指1本を入れてもらってください。その指が1本はいらないなら、かなりの内側アーチ崩れです。1度確認してみてくださいね。もし、自分ではよく分からないなというかたは、(いっしん)へお越しください。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    モンクレール スーパーコピー (月曜日, 21 10月 2019 10:47)

    お買い得ファション性が高いファションブランド人気ダウンジャケットはお買い得セールしています。 http://www.keevoo.com/brand-321.html モンクレール スーパーコピー2017秋冬MONCLER モンクレール ダウンジャケット お得大人気高レベルの保温性お買い得ファション性が高い高級ファションブランド人気モンクレールダウンジャケットが登場します。 http://golfcopy.com/8fu05f/ LONGINES ブランド コピー